和名  学名
頭楯目 Cephalaspidea
ウミコチョウ科 Gastropteridae
キマダラウミコチョウ属 Siphopteron
オレンジウミコチョウ Siphopteron brunneomarginatum

撮影 2009/04/07 沖縄県 石垣島  2006/07/21 沖縄県 座間味島
掲載 2013/06/19          ⇒ウミウシの仲間 頭楯目

 全長6mm程度で、とても小さい。

 ウミコチョウ科の仲間はドレもコレも美しく魅力的な種類ばかりで、図鑑の写真を見ているだけでウットリ良い気分になるのですが、実物に出遭えばウットリ度は10倍増します。

 「本州のウミウシ」 中野理枝 (ラトルズ)の解説に『体地色は透明で、不透明な黄色の細点が散布されていることで黄色く見える』とありますが、肉眼はもちろん、こうして写真でみてもただの黄色にしか見えません。

 一見、空中(海中)にホバリングしているように思われますが、実際はほぼ透明な細い海藻の上を滑るように移動しています。それだけ小さくて軽いと言うことですね。 小さい割にはスピードが速く、ピントを合わせながら追いかけるのが大変でした。

追記 2013/06/19 接近して写真が撮れたので差し替えました。この写真を見るまでは地色は黄色一色だと思っていたのですが、黄色のまだら模様でした。まさに図鑑の解説どおりです。小さくても単純じゃあないんだなー。