2001年~現在までの掲載写真累計3920枚(2866種 [含む〈同定できず〉]    ⇒参照資料 

     新しく掲載した写真です

 20年
 09月
 24日 
 
囊舌目 Sacoglossa
チドリミドリガイ科 Plakobranchidae
ゴクラクミドリガイ属 Elysia
ウチワミドリガイ Elysia pusilla
 隠遁の術は、体色の緑が薄かったら目立たないのに、なぜか鮮やかでくっきりした緑で、これじゃあウミウシ好きのダイバーが近くを通ったら見つかっちゃうなあ。
 20年
 09月
 17日 
 
十脚目 Decapoda
オウギガニ科 Xanthidae
ヒヅメオウギガニ属? Cyclodius
ヒズメオウギガニ Cyclodius granulosus
 今回は確信の持てる写真が撮れたので追加しました。
 20年
 09月
 10日 
 
スズキ目 Perciformes
ハゼ科 Gobiidae
イレズミハゼ属 Priolepis
アミメベンケイハゼ Priolepis inhaca
 なにかオドロオドロしさを感じさせる模様であってほしかった。なんて不満を書きながら、実は久しぶりのベンケイハゼ属の掲載で嬉しいのです。
 20年
 09月
 03日 
 
裸鰓目 Nudibranchia
マツカサウミウシ科 Dotidae
ナナフシウミウシ属 Kabeiro
ナナフシウミウシ Kabeiro phasmida
 揺れ動くガヤの上の被写体を撮るのはボクにはとても困難でした。もっとも、ボクはたとえ海況が良くてもちゃんと撮れないんですけどね。
 20年
 08月
 27日 
 
裸鰓目 Nudibranchia
マツカサウミウシ科 Dotidae
マツカサウミウシ属 Doto
不明(ウミウシ-41)
 『沖縄のウミウシ』(2004年ラトルズ)掲載のオキナワシロマツカサウミウシ(仮称)という種とかなり一致すると思うのですが、その後に出版された何冊かの図鑑にはその名前が載っていないので、おそらく標準和名にならなかったのでしょう。
 20年
 08月
 20日 
 
十脚目 Decapoda
不明
不明
不明(カニ-95)
 甲に比べて足が長くスタイル良し。体色も魅力的で、アピール度は高いのに名前が分からなくて残念なり。
 20年
 08月
 06日 
 
裸鰓目 Nudibranchia
オオミノウミウシ科 Aeolidiidae
バエオリディア属 Baeoridia
ランソンミノウミウシ? Baeoridia ransoni
 かなり珍しい種類を撮ったのではないかと嬉しくて、こんな写真なのに掲載しちゃいます。「?」なのは、同属のハリアットミノウミウシ(こちらも新称)の可能性もちょっとあるからです。
 20年
 07月
 29日 
 
スズキ目 Perciformes
ハゼ科 Gobiidae
クモハゼ属 Bathygobius
ヤハズハゼ Bathygobius cyclopterus
 キュートで気に入った(遊んで遊んで~と寄ってくる子犬みたい)ので、その可愛い表情を掲載。
 実際はボクの方が「遊んで遊んで~」と寄っていったのでした。
 20年
 07月
 23日 
 
十脚目 Decapoda
テナガエビ科 Palaemonidae
カクレエビ属 Conchodytes
クロチョウカクレエビ Conchodytes meleagrinae
 ガイドにクロチョウガイの中に潜んでいたエビを見せてもらいました。暗い中で暮らしているというのに、なんとも妖しく美しい衣装をまとっています。
 20年
 07月
 16日 
 
十脚目 Decapoda
テッポウエビ科 Alpheidae
ムラサキエビ属 Athanas
トゲテッポウエビ Athanas parvus
 体色の濃淡だけでなく脚の模様まで違うとなるとけっこうな違いがあるとも言えるので、もしかしたら別種かもしれません。
 20年
 07月
 09日 
 
十脚目 Decapoda
テッポウエビ科 Alpheidae
ムラサキエビ属 Athanas
トゲテッポウエビ Athanas parvus
 体色の濃淡だけでなく脚の模様まで違うとなるとけっこうな違いがあるとも言えるので、もしかしたら別種かもしれません。
 20年
 07月
 02日 
 
裸鰓目 Nudibranchia
ゴシキミノウミウシ科 Trinchesiidae
イボヤギミノウミウシ属 Phestilla
ジボガミノウミウシ Phestilla lugubris
 見慣れたウミウシの体型からはかけ離れていますが、これでもれっきとしたウミウシです。
 20年
 06月
 25日 
 
十脚目 Decapoda
ドウケツエビ科 科不明
サンゴヒメエビ属 Microprosthema
サンゴヒメエビ Microprosthema validum
 離れ離れに見つかった2個体を並べて置いたやらせです。相性が悪いのか同性どうしなのかは分かりませんが、くっついているのが嫌だったようで、あっという間に離れ離れになってしまいました。
 20年
 06月
 18日 
 
十脚目 Decapoda
不明
不明
不明(カニ-94)
 あ、ケブカガニじゃなくて岩に化けてるのね。それなら立派な擬装だ!
 20年
 06月
 11日 
 
スズキ目 Perciformes
ハゼ科 Gobiidae
ナンヨウボウズハゼ属 Stiphodon
ヒスイボウズハゼ Stiphodon alcedo
 自己満足の世界にどっぷりつかっています。
 20年
 06月
 05日 
 
スズキ目 Perciformes
ハゼ科 Gobiidae
ボウズハゼ属 Sicyopterus
ボウズハゼ Sicyopterus japonics
 動かすのは眼だけで、体は始めから終わりまで石の間にはまったままピクリともしませんでした。
 20年
 05月
 28日 
 
スズキ目 Perciformes
ハゼ科 Gobiidae
不明
不明(ハゼ-76)
 ボウズハゼ属とかナンヨウボウズハゼ属あたりの魚ではないかと思いますが同定できませんでした。
 20年
 05月
 22日 
 
スズキ目 Perciformes
ハゼ科 Gobiidae
ナンヨウボウズハゼ属 Stiphodon
ニライカナイボウズハゼ Stiphodon niraikanaiensis
 雄は綺麗というか優雅というか、とても魅力的ですが、雌は地味です。さらに、ボウズハゼ属の他種の雌と似てもいます。
 20年
 05月
 16日 
 
十脚目 Decapoda
カニダマシ科 Porcellanidae
トゲカニダマシ属 Enosteoides
パラオカニダマシ Enosteoides palauensis
 体の割には大きなはさみ脚なのに、ちっとも強そうに見えないのはどうしてなんでしょうか?
 20年
 05月
 09日 
 
スズキ目 Perciformes
ハゼ科 Gobiidae
ナンヨウボウズハゼ属 Stiphodon
不明(ハゼ-77)
 魚焼き網の焼け焦げ跡のような横縞はこの魚以外は見たことがないし、腹部や尾部のオレンジ色は目立つ特徴ですが、それらも手掛かりにはならず。
 20年
 05月
 03日 
 
盤足目 Discopoda
タカラガイ科 Cypraeidae
クロダカラ属  Melicerona
クロダカラ Melicerona listeri
 宿主がいなくなってからたいして時間が経っていないようで、ツヤツヤ光っていてきれいに見えました。
 20年
 04月
 26日 
 
十脚目 Decapoda
オウギガニ科 Xanthidae
ビロードアワツブガニ属 Actaeodes
ビロードアワツブガニ Actaeodes tomentosus
 驚かしてスミマセン、2~3回シャッターを切ったらすぐに立ち去りますから我慢してください。
 20年
 04月
 20日 
 
十脚目 Decapoda
オウギガニ科 Xanthidae
不明
不明(カニ-93)
 地色だとすると大きな特徴なので、それを手掛かりに探しましたが無駄な努力に終わりました。アーア・・・
 20年
 04月
 14日 
 
スズキ目 Perciformes
ハゼ科 Gobiidae
ナンヨウボウズハゼ属 Stiphodon
ヒスイボウズハゼ Stiphodon alcedo
 人間だとあっさり清楚系が好みなのに、こと魚となるとギラギラ厚化粧系がダ~イ好き!
 20年
 04月
 08日 
 
十脚目 Decapoda
カニダマシ科 Porcellanidae
イソカニダマシ属 Petrolisthes
不明(異尾類-39)
 行儀良く「止まれ」をしているのは、ヘタに動くと危険だと考えたからでしょうか?。

























和名順 索引
      
      
      
      
      
      
      
         
      
  

和名なし(学名あり) 
 A~D E~M N~R S~Z

 まったく不明


秘密のガラスコレクション