2001年~現在までの掲載写真累計2849種 (3895枚)    ⇒参照資料 

     新しく掲載した写真です
(突然のPC故障により19年8月20日からまる半年のブランクの後にやっと復活)

 20年
 03月
 27日 
 
十脚目 Decapoda
オウギガニ科 Xanthidae
ヒヅメガニ Etisus
トガリヒヅメガニ Etisus anaglyptus
  目くらましではなさそうだなあ。では、異性へのアピールかしら。毛むくじゃら度が高いほどアピール効果が高かったりして。
 20年
 03月
 21日 
 
十脚目 Decapoda
オウギガニ科 Xanthidae
ベニオウギガニ属 Liomera
ムラサキベニオウギガニ Liomera rugata
 一つの種類の和名にムラサキ色とベニ色と二つの色がついているのは矛盾があります。物理的にも、論理的にもありえない。
 20年
 03月
 14日 
 
スズキ目 Perciformes
不明
不明
不明(魚類不明-13)
 これは誰でしょう?ウナギの稚魚ではありません。
 20年
 03月
 07日 
 
裸鰓目 Nudibranchia
ユニデンティデ科 Unidentiidae
ユニデンティデ属 Unidentia
シテンサンドラウミウシ なし
 これまでに他のウミウシのページでも散々書きましたが、どういう理由があってこのようなデザインにしたのか知りたいものです。
 20年
 02月
 26日 
 
裸鰓目 Nudibranchia
ツヅレウミウシ科 Discodorididae
ツヅレウミウシ属 Discodoris
ワギリウミウシ Discodoris coerulescens
 すごく不味い上に毒を持っていたりして、もしも食べたりしたら下痢しちゃうか、きっとひどい症状が出ちゃうんだろうなあ。
 20年
 02月
 20日 
 
十脚目 Decapoda
ワタリガニ科 Portunidae
不明
不明(カニ-92)
 行儀よく脚を折りたたんで静かに座っています。どうやら、ボクが納得するまで写真を撮らないと解放されないと悟っているようです。
 19年
 08月
 20日 
 
十脚目 Decapoda
オトヒメエビ科 Stenopodidae
スベスベオトヒメエビ属 Odontozoma
不明(エビ-56)
 第三胸脚の先端まで赤いのが特徴ですが、手持ちの図鑑ではその特徴を持つスベスベオトヒメエビは見つかりませんでした。
 19年
 08月
 13日 
 
十脚目 Decapoda
アナエビ科 Axiidae
なし Calaxius
ヘンゲアナエビ 不明
 Web検索すると、この和名は串本海中公園センターHPとドルフィンキック(ダイビング・サービス)のみヒットします。 また、おきなわ図鑑にはアナエビ科Calaxius属の一種として掲載されています。
 19年
 08月
 06日 
 
裸鰓目 Nudibranchia
不明
不明
なし(ウミウシ-39)
 初心者のころと違って写りの極端に悪い写真は掲載しないようにしているのですが、この被写体はとても個性的なので載せることにしました。
 19年
 07月
 31日 
 
十脚目 Decapoda
オウギガニ科 Xanthidae
ゴイシガニ属 Palapedia
不明(カニ-91)
 甲の形やすべすべ具合からするとゴイシガニの仲間だと思います。ゴイシガニそのものかもしれないなあ?ウーン、悩ましい。
 19年
 07月
 25日 
 
十脚目 Decapoda
オトヒメエビ科 Stenopodidae
スベスベオトヒメエビ属 Odontozoma
不明(エビ-55)
 『サンゴ礁のエビ ハンドブック』 峯水亮 21ページにスベスベオトヒメエビ属の未記載種がいくつも掲載されていますが、どれにも該当しません。
 19年
 07月
 18日 
 
スズキ目 Perciformes
ヤナギハゼ科 Xenisthmidae
ヤナギハゼ属 Xenisthmus
クロヤナギハゼ 学名なし
 この個体は動きはゆっくりでしたが、時々ひょこっと首を持ち上げるのが印象的でした。何のための動作なのかは見当もつきませんが、こちらに挨拶しているようで愛嬌がありました。
 19年
 07月
 11日 
 
スズキ目 Perciformes
イボオコゼ科 Aploactinidae
イボオコゼ属 Acanthosphex
なし Acanthosphex leurynnis
 ツマジロオコゼと似ているように見えますが、その全長は10㎝ほどであるのに対してこちらは僅か3㎝ほどと、サイズがまるで違います。
 19年
 07月
 04日 
 
十脚目 Decapoda
テナガエビ科 Palaemonidae
エボシカクレエビ属 Dasycaris
種名なし(エビ-54)
 浮遊物がとても多いポイントで、ボクの技量では鮮明に撮ることはできませんでしたが、けっこう珍しいのではないかと考え掲載することにしました。

























和名順 索引
      
      
      
      
      
      
      
         
      
  

和名なし(学名あり) 
 A~D E~M N~R S~Z

 まったく不明


秘密のガラスコレクション